3月は人が動く時期と言われています。ナイトワークに限らず、昼間の会社でも4月から新社会人が入社したり、異動があったり、転勤があったり人がとにかく動きます。

学生も卒業なので、それと同時にナイトワークを卒業するケースも多く、各お店は人手不足になりがちなのが3月4月と言われています。そうなると、働く側からするとすごくチャンスで、人が足りないから必然的にお店からのニーズが増え、結果的に好条件が出やすくなります!なので、ナイトワークを始めようとしている人は、この3月4月はチャンスですよ~☆

しかし、どのような形で入店しても好待遇が得られるかというとそうではありません。お店の求人や大手の求人媒体から応募して入店してもいい待遇は得られません。それどころか、当初言われていた内容と違う!なんてこともよく起こります。

ナイトワークは基本口約束です。別に契約書を結ぶわけでもないので、仮に当初言われていた時給と違っても文句は言えません。いや、文句を言って労働基準監督署に行く人もたまにいますが、ほとんどのケースで取り合ってもらえません。ここにナイトワークの落とし穴があります(´д`)

詳しいことはまた別の機会で書きますが、結論を言うと、ナイトワークを始めるなら自分でお店の求人に応募してはいけない、ということです。条件の相違など、トラブルにならないためにも是非ナイトワークTOKYOをご利用ください☆