親バレ3回の私の体験談

親があなたの仕事を知った時、どんな行動に出るかを知っておくのも、いざという時とっても役立ちます。ちなみに私は10年のキャバ歴の中で、3回ほどバレてます(笑)実家にいたときはバレていなかったのに、一人暮らしをした途端に警戒心が薄れたんでしょうね。
反省してます…
親にウソついてキャバ嬢だった事ではなくて、詰めが甘かったなーって。まぁ、最初は誤摩化してましたけどね、だんだん面倒くさくなって認めるようになって…かれこれ10年働きました!親がどう出るかを知って、対処法の先手を打っておきましょう!

親は子供を信じてます

まず最初は直球勝負で、あなた自身に問いただすでしょう。カマをかけているのかもしれないし、確信的な証拠を掴んでいるのかもしれませんが、とにかくあなた自身の口から真実を聞こうとするはずです。あまり世間では喜ばれる職種ではないと、自ら悟って欲しいと願うもの。でも、親にとやかく言われたくない!っていうのが子供心。親子のいざこざであれば、キャバ嬢自体は犯罪ではないし、少し親子間に亀裂が生じるだけで辞める義務はありません。

利益よりもトラブル回避が先決

あなたに言っても仕方が無いと思った親は、お店に直接働きかけます。もちろん、お店の名前が分かっていればの話。ネットに連絡先は当然載ってますからね、誰でも問い合わせは出来ます。特に未成年の場合は18歳以上であっても、労働基準法でいろいろと定められているので、トラブル回避のためにもお店側が動きます。
そうなれば、あなたはキャバクラで働く事は出来ません。未成年でなくても、やはり親って大人ですしね、どんな行動に出るかは分からないわけですから、お店も正直雇用したくないもの。私の場合は最終的に探偵がついて、お店に怖い人が来て拉致られました(笑)
そこまでやる親はなかなかいないと思いますが、そこまでする親もいるってことです。ってことで、お店が絡んできたら、もう継続は厳しいと思っておいた方がいいでしょう。

唯一できる対策としては、お店側に状況を随時報告しておく事。急なトラブルは誰だって嫌いです。でも前もって知っておけば、それなりに構えていられますよね。可能な限りトラブルを避けて働ける方法を考えてくれるはずです。
私の場合は、長期休暇をくれたりネットの写真を削除してくれました。ネットの掲示板も私関連のものは削除してくれたし、アリバイ会社ではなく、店長の知り合いが経営している居酒屋を紹介してもらい本当に働いたりしました。

まとめ

仕事に反対している親にバレるとキャバ嬢生命に関わります。本人が思っている以上に事は重大なんですよね。あなたに言っても聞かないなら環境要因に働きかけるのが親です。私たちよりもはるかに経験のある親はそれが最も正当法なのを知ってますから。
自分一人で解決しようとするのは無理です。迷惑や心配をかけないつもりが、むしろその方が厄介な事になります。こちらも親の動きを察知して、親よりも先に先に動くように心がけましょう。