キャバクラやクラブの面接を突破しないからには憧れのお店で働くことはできません。今回は、面接を突破するために必要なポイントをまとめてみました。少しでも参考になる部分はあると思うので、ぜひ意識して面接に臨んでみてください♪

  • 名刺は立ってもらい、挨拶をしっかりする
  • ビジネスの世界では当たり前の話ですが、意外と出来ていない女性は多いです。名刺は立ってもらうのが基本です。もらうときは「ありがとうございます、頂戴いたします」というようにしましょう。これができるだけでも相当印象良くなりますよ♪

  • 面接時は相手の目を見て相槌を適度にうち、はきはきと話す
  • コミュニケーションの基本は、相手の目を見て話すことです。柔らかい表情で適度の相槌を打つように心がけましょう。たまにあがり症の人で相手の目を見れない人がいますが、そういう人は鼻を見るようにします。謙虚な姿勢を忘れず、やる気をしっかりアピールできるような応対を心がけましょう!

  • 必ず最低でも一つ質問をする
  • 面接終了時、たいていの場合は「何か質問はありますか?」と聞かれます。そのときに「とくにありません」と回答してしまうと、「この子はウチのお店に興味がないのかな…」と思われてしまいます。なので、必ず一つは質問するようにしましょう。「キャストさんの平均年齢はどれくらいですか?」「服装はどのような女性が多いですか?」「客層はどういう人がメインですか?」「お客さんの単価はどれくらいですか?」「入店してどれくらいの期間働く人が多いですか?」このような質問をするとよいと思います♪

  • 前向きな回答を心がける
  • キャバクラやクラブの面接ではいろいろな質問をされますが、「前店を辞めた理由」と「なぜ水商売をやるのか」という質問には気をつけましょう。前者は、間違っても「お客さんとトラブルを起こした」などといったマイナスの印象を与えるようなことを言ってはいけません。仮にマイナスの理由がある場合、「頑張っていたのにお店からなかなか評価がされず、しっかりと評価をしてくれるお店がいいと思ったからです」といったようにお店のせいにしてしまいましょう。水商売をやる理由は純粋に「稼ぎたいから」でOKです。目的を聞かれたら、将来事業をやりたい、や留学したいなど、自分の夢があるのであればそれを持ち出してくるのがベストです。いずれにせよ、どんな質問が来ても前向きな回答ができるよう、事前にシミュレーションしておくと面接を突破できる確率はぐっと高くなります♪

    いかがでしたか?ささいなことかもしれませんが、面接に同席していると意外と出来ていない女性が多いので、参考にしてもらえると嬉しいです☆